カードローンは各金融機関や金融会社がそれぞれいろんな名称でサービスを行っています。

つまり、それらの金融会社の数だけカードローンが存在していると言えます。大手の会社もあれば、小さな会社もあるので実質的には相当数のカードローンが存在していることになります。

しかし、これらのカードローン会社は大きく分けると3つぐらいに分類することができます。一つは正規の金融機関である銀行が行っている銀行カードローンがあります。

銀行カードローンは一般的に金利が安く設定されているので利用者にとってはメリットが大きいと言えるでしょう。しかし、その分、借入に対する審査が厳しいと言う特色があります。

それに対して、消費者金融系や、信販会社系のカードローンもあります。これらはやや金利が高めに設定されていると言えます。積極的に貸し出しをしているので、利用者にとってはメリットも大きいのが特色です。

いずれにしても、カードローンにはこの3つの種類があることは覚えておいて損はありません。

自分がカードを作るときに、この3つの中、どれに当たるのかは理解しておくようにしましょう。そして、金利に関しても十分に理解をしてから借り入れをするようにしたいものです。